Event is FINISHED

「やり続けたいこと」「書き続けたいこと」を見つめるワークショップ - sentence特別講座

Description

「書くことは、自分を知ることだ。」

ライティングをはじめて、しばらくすると、自分の興味や関心、自分が書くことを通じてやっていきたいこと。

つまり「自分を知る」必要性を、痛感させられます。

今回は、日本認知科学研究所 理事の石井さんをお呼びして、ライターのための「自分を知る」について、楽しく、けれど深く掘り下げる、半日で集中するワークショップを実施します。

「自分を知る」中で、もっとも大事なことは、「やりたいこと」?いいえ、もっといえば、「やり続けたいこと」を見つけることです。

「やり続けたいこと」とは、何かを受賞することや、社会を変えること、といった「いつか達成できるかもしれないゴールや目標」のこと、ではありません。

ゴールは、ある日、達成できたら、リストから消えてしまいます。そうではなく、ゴールを達成しようが達成しまいが、ずっとやり続けたいことが「やりたいこと」なのだと石井さんは言います。

「やりたいこと」を見極め、それをライティングと組み合わせることで、毎日書ける、わたしらしく書ける、書くことで稼げる、といったことが実現できていきます。

けれども。

「やりたいこと」をひとりで見つけるのは、実は簡単ではありません。

つい、自分がやり続けられることよりも、自分ではない何かに憧れて、自分を見失ってしまったり「こうでなくてはいけない」という、いつの間にか生きていくなかでインストールした理想や、思い込みのようなものが、自身の進路を塞いだりします。

そういった、気づかないうちにできた制限を知り、ワークシートを使いながら、その制限を外して、その上で「やりたいこと」がクリアに見える。

それが見えた時「ああ、これが私だ」
「自分自身を、ちゃんと見つけた」
という感覚を味わえます。

そんな時間を、皆さまと共に過ごせればと思います。

▼ワークショップの流れ
・何が、自分を制限しているかを知る
・制限から自由になるワーク
・自分が「やり続けたいこと」をみつけるワークショップ
・やり続けたいことを活かして生きる

▼募集人数
先着20名様

▼日時・場所
7月21日(土) 13時~17時 (12時30分開場)
(希望者は近隣でその後懇親会 実費)
co-ba shibuya 6F
https://co-ba.net/shibuya/access/

▼参加費用
通常、参加費8,000円の半日講座です。

今回は、特別に、
1)ご自身のBlogがあること
2)ご自身のBlogで本ワークショップについて、
  記事を1本書いていただき、Twitter等で記事を共有いただくこと

を条件に3,000円で実施いただけることになりました!

さらに、石井さんの著書「悩みにふりまわされてしんどいあなたへ」が参加特典として、配布されます。

▼講師プロフィール
石井 遼介(いしい りょうすけ)
日本認知科学研究所 理事。慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所研究員。

神戸市出身。東京大学工学部卒。在学中から3社を創業。官公庁、大企業、国際組織等とのプロジェクトを主導。環境領域で手がけたプロジェクトは、数百万人が参加し、CNN、BBC等のメディアでとりあげられる。

2018年5月、著書「悩みにふりまわされてしんどいあなたへ」を上梓。Amazonランキング1位(メンタルヘルスカテゴリ)、和書全体でも270万冊中、12位となる。

Blog: http://ryosukeishii.hatenablog.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#354858 2018-07-20 03:16:43
Sat Jul 21, 2018
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
co-ba library
Tickets
参加チケット(「悩みにふりまわされてしんどいあなたへ」付き) SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目26−16 第五叶ビル 6F Japan
Organizer
sentence
400 Followers